« 角膜穿孔 | トップページ | 柴犬の里 »

角膜穿孔その後①

先日、角膜穿孔を起こした高齢犬の抜糸を行いました

Screenhunter_01_dec_11_2022

肉芽が出てきたもののまだ角膜に潰瘍が残っています

瞬膜フラップもしたいところでしたが、放射状切開のみ行いました。

点眼と内服で回復してくれそうです。

|

« 角膜穿孔 | トップページ | 柴犬の里 »

コメント

手術が無事に成功したようで良かったです。

一日も早い回復を祈っています。

難しい名前の病気ですが、高齢犬に多いのでしょうか?
予防法とかはあるのですか?

投稿: はなまま | 2010年12月17日 (金) 23時01分

はなママ様
今日、診察しました。
抜糸と放射状切開で潰瘍が大分よくなっていました(写真は撮り忘れました
この疾患になりやすいのはチワワやシーズーなどの目が大きな犬種です。目に毛やごみが入って傷ができ、潰瘍に進行することがほとんどです。

投稿: 江津動物病院 | 2010年12月18日 (土) 12時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角膜穿孔その後①:

« 角膜穿孔 | トップページ | 柴犬の里 »