« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

笑う犬?!

当院にはいろいろな動物が来院しますが

とてもかわいらしい柴犬を紹介します

名前はりんちゃんです

どこがかわいいかと言うと

Screenhunter_05_dec_20_1824

笑っているように見えるのは私だけでしょうか

Screenhunter_04_dec_20_1801

舌を出して笑ってます

写真では動きがないので伝わりにくいですが、

確実に笑っているように見えます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

床ワックス

12月19日

いつもお世話になっている

大黒クリーンサービスさんに今回もワックス掛けをお願いしました。

きれいな床で年を越せます

Screenhunter_02_dec_20_1234

右が大黒クリーンサービスの渡辺さんです

朝から夜までありがとうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴犬の里

昨日は時間を少しとって、南阿蘇にある

柴犬の里

実は知人が柴犬が欲しいそうなので、私が探しに行くことになりました。

ここにいる柴犬はうわさ通り質が高い。

思わず欲しくなるような子犬たちでした。

Screenhunter_01_dec_13_1827

この写真を見せたら一発で購入決定になりました。

犬舎主の宮崎さんに挨拶して、帰路へ。

帰りの熊本空港近くの菅野屋でパンを購入しました。

夕食はそのだったのですが

食パンや馬肉カレーパンなど、私の家族からはものすごく好評でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角膜穿孔その後①

先日、角膜穿孔を起こした高齢犬の抜糸を行いました

Screenhunter_01_dec_11_2022

肉芽が出てきたもののまだ角膜に潰瘍が残っています

瞬膜フラップもしたいところでしたが、放射状切開のみ行いました。

点眼と内服で回復してくれそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

角膜穿孔

角膜に潰瘍ができた14歳の犬が

潰瘍の痛みで目を擦り、とうとう角膜に穿孔(穴)ができてしましました。

Screenhunter_01_nov_21_1039

穿孔ができると目の中の水(房水)が流出し、目がみるみる小さくなっていきます。

このようになると、手術して穿孔を塞ぐしかありません。

この手術には手術用顕微鏡を使います。

手術で使う糸は髪の毛より細く、特殊な眼科用器具や技術がないとできません。

幸い、当院にはそれらが揃っており、無事に手術が成功しました。

3週間後には抜糸する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »